その頃自分は

今回読み終えた本は、珍しく未来屋書店で買った本。

いつもはイオンの未来屋書店で平積み本を眺めることはまずないのですが、たまたま機会があったときに買いしました。 

東芝の悲劇 (幻冬舎文庫)

東芝の悲劇 (幻冬舎文庫)

 

多かれ少なかれ恨み節的な気持ちもあったかもしれないが、要するに前も書いたけど人生万事塞翁が馬。これに尽きる。

東芝が大きな粉飾決算などにより状況が非常によろしくないということは報道で知っていたのですが、一体どんな粉飾があったのか?という点が分かるかもしれないという思いからの衝動買いですね。

 

自身としては、単刀直入にどんな粉飾を行ったのか、を知れれば良いだけだったのですが。「20年に及ぶ取材から」という裏表紙書きから予想されるようにジャーナリズム的な「人」に注目した登場人物の人生経歴がダラダラと書かれている面があり、その意味では少し遠回りな書き物だったかも。

 

粉飾の要点としては、パソコン事業でのバイセル取引による利益の水増しね。

一番面白かったのは、258-259見開きで印刷された月別売上高、営業利益のグラフ。2005~2015の間見てみると、始めは小さい山だったのが、だんだんと発散振動みたいな形になり、手が付けられなくなってくるのがよく分かる。

自分が面接プレゼンした頃は・・・2005年くらいだから、まだまだバイセル取引には手を染めていないころだったんだなぁ。まだグラフ形はノーマル。

それがだんだん異常が積み重ねられ・・・10年後には手のつけようのないアブノーマルな収支構造になったと。

 

しかし、これだけ大きい企業となると、国も威信をかけて公費投入して、無理やりにでも助け起こしにきてくれるんだなぁ・・・。

なんか、黒い、ヤなかんじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

学者とは理屈っぽいものである

ほんのスキマ時間にダッシュ丸善の平積み本をチェックしたときに買ったこの本。
やっと読み終えました。

世界一深い100のQ いかなる状況でも本質をつかむ思考力養成講座

世界一深い100のQ いかなる状況でも本質をつかむ思考力養成講座

平積みからざっと見て、Qとそれに対する答えが小セクションで区切られて書かれているので、細切れ時間でもそれなりに読めるかなと思って買いました。
また、Qに対しては雑学っぽい回答を期待して。


ところが。
この本、期待したほど雑学っぽい本ではなかったなぁ。
というか、Qに対する回答が、いかにも学者っぽく斜め上方向。
なにやら理屈っぽいことが色々書かれてはいるが、読んでて、もやっとする。で、答えは?ってなるものが多い。

要するに、Qに対する答えをさらっと求めるのではなく、そのQに対してはさらに深淵に考えるべき先があるぞ、というような回答を理屈っぽく述べている。
いかにも学者っぽいね。


自身、元々研究者の端くれっぽい真似事していたナニカだった訳で。
今は市民のためにサービスを提供する公務員。
物事を分かりにくく理屈っぽく考えるのではなく、サービスを享受する人と一緒にサービスを提供する組織内の人に、できるだけ分かりやすくかみ砕いて説明していくべきのが常の立場になってしまった。

でも結局、分かりやすく説明するスキルはなかなか身につかず、これも一つの才能なんだろうなと思う今日この頃。
ない才能の範囲内で最善を尽くすしかないのね・・・。

案外世の中、そんな三流説明で回っているのかもしれん、と、甘い事を考える今日この頃。

ケータイ変えました

半年ぶりの記載です。
だいぶ前からスマホは、ずっとSHARP製を使っています。
スマホに自分が求めていたスペックとしては
 ・片手で画面全体を簡単に操作できる
 ・コンパクト
 ・それなりのスペックと美しい描画
という感じで、特にハイスペックや大画面を求めることはありませんでした。
そんな中でのSHARP製品。SH-13Cを皮切りに、SHARPはずっとハイスペックな機種だけでなく、コンパクトな機種も出し続けていてくれたので、ずっとずっとSH-***製品を機種変更で転々としていたのでした。


ところーが。
AQUOS Crystalを皮切りに・・・・出ないのですよ
docomoで魅力的なSHARP新製品が出ない。つーか完全スルーされてる。
AQUOS Crystalが出たころ、もしかしたらdocomoでも発売されるかも・・・と正座して待っていたものの、いつまでたっても出ない。ネット上でもしかしたらみたいなワードをみかけつつも出ない出ない出ない。
そして結局・・・出なかった→泣く泣くSH-02G(確か)へ機種変更。


次、2年後。
世間でAQUOS R Compactの発売がささやかれ始めました。
自分の求める「コンパクト」が製品名に入っている非常に魅力的な製品!これは期待して発売を待つしかない!
ネット上の情報を追いかけ続ける!au,softbank,docomoの3社で発売されるのでは!?という記載も見かける!
さあどうだ!?そろそろか!?softbank出たな!au出たな!!
SH-02Gのバッテリーの持ちが悪くなってきたのを我慢して待ちます。docomoショップで相談して、ケータイ保証サービス使って本体交換してもらう裏技使って、AQUOS R Compactが出たら乗り換えてやろうと!(結局SH-02Gの同機種がなく、後継のSH-02Gへ変更でしたが)

アレ・・・・・・アレ!?

docomo、結局発売されずまじ卍。
もうええわ!



地味に自分勝手に、地元近隣企業応援の心地もあってSHARPを選び続けてきましたが、ここまで毎回期待をスルーされるんじゃしょうがない。
ということで、Google Pixel 3に乗り換えました。
結果的には、全体的にかなり好印象です。
 ・コンパクト性が失われるのをかなり心配していましたが・・・それは案外、画面の頭が少し伸びたかな?くらいでおk。
 ・落とすのが嫌なので携帯ストラップをつけたかったのですが、下のケースに入れてストラップつければ問題なし。
   ちなみに、画面保護フィルムはこれ。
  ・ポケモンGOをSH-02GやSH-02Hでやってましたが(画面カクカク、たまに急に描画が滑らかになるとか)、動作のヌルサク感向上度が半端ない。そりゃそうだよな・・・今までスペック求めた機種にしてなかったし。
  ポケモンGOの電池の持ち具合も心配でしたが・・・まぁ、SH-02GやSH-02Hの頃とそう変わらんね。ある程度ザクザク減っていくからモバイルバッテリー持ったほうがいい、というのは同じだし。むしろ、SH-02Hだと充電しながらプレイしててもバッテリー残%減っていったけど、USB-Cになったせいか100%を維持できるのに感動。ちなみに、Pixcel Standも若干懐痛めながら買いましたが*1、Qi*2充電でも100%維持!!
 ・マンションのおサイフケータイの鍵が未対応で、使えなくなったのはご愛敬・・・マンション管理会社に新機種対応を求めるかな。
ざっくりこんな感じです。


データの移行はAndroid同士で楽だったし。(サブ垢のつもりのGoogleアカウントが移行後にデフォルト垢に勝手に設定されて、一度サブ垢削除しないと切り替えできなかったのはちょいイラっとしたけど)
何よりポケモンGOだけじゃなく、アプリの起動や切り替えが早くなったのにすごく感動してます。
今まですごく時間を無駄遣いしていた感・・・。

*1:キャンペーン期間逃した

*2:チーと読むらしい・・・

あまりにスキマがないもので

ホントに生活に余裕の時間がなく。
それでもたまに本屋に行くと、読みたい本見つけてしまい、だんだん積み本となっていく。
何とかうまく本を読む方法を学べないか・・・ということで買ったやや自己矛盾的な本。


読書術の本自体を読めなければ意味がない。
そういう意味ではないでしょうけれども、手頃な厚みの本書。
本書の内容に即してはいませんが、読みきりました。
なるほどポイントは以下。
・読書には、音楽的な読書と絵画的な読書がある。
・難しいくて読み進められない本は、大概著者が悪いと思いきる
・人間関係のコツに2:7:1のコツ(世の中2割は無条件仲良し7割はきちんと話せば仲良し1割は何をやっても息合わないというモノ)は本にもいえる
・読書とは自分の知っている9割を確認するもの
・あとがきから読め(よく言われるコトよね)
・知的消費と知的生産の活動をわける
・アウトプットをにらみながら、枠組みの中で不足する分だけを手当てするのが効率的で生産性を高めるテクニック
・入門書は三冊買う。バランス良く概要をつかめるし、良書に当たりやすい。
・フロー的な生き方、今の自分の生活の中で、「自分がハンドリングできる範囲」という基準で読む本を整理する。今あるもの、を利用する生き方が理想
という感じです。

効率的に本を読むのに、やはり、読み飛ばしつつ必要な部分だけを読んで他は捨てる、というのは当たり前のように良く聞くけれど、貧乏性もあってなかなかそういう読み方ができないんだよなぁ。
たまに文学的な本も読もう、と思った時とか、そういう読み方に適さないのでハマるのよね。
そういうとき、勇気を持って、別の本を並行して読み始めるのが大事なんでしょうね。

自宅Wifiの5GHz化

自宅の無線環境を5GHz(11ac/n/a)にしてみよう、ということで、無線ルータやWifiアダプタを更新することにしてみた。

まず無線ルータはBufffalo WXR-1750DHP2に変更。
だいぶ前に更新したので、旧無線ルータの型番は忘れてしまったのですが、今どきの無線ルータってすごいね!
「無線引越し機能」だって!
新旧それぞれのWi-FiルーターのAOSS/WPSボタンを押すだけでSSIDと暗号化キーが引き継がれるという・・・正直、感動した。
設定画面にSSIDが乱立して若干汚くなるのはご愛敬ですが、そもそも一つの機器で2Ghzと5GhzのSSIDをそれぞれ持てて、しかも各々で複数のSSIDを作れるって・・・すごいなぁ。今はこれが当たり前なのかなぁ。時代に置いて行かれてる感がすごいね。
とりあえずの無線ルータ移行は、あっという間に終わりました。


さて、その後しばらくして、自作PCも5Ghz化しようかなと。
元々使っていた無線LANアダプタはBuffalo WLI-I-UC-GNで、USB2.0で2.4GHzの11nまで対応しているやつ。
これをELECOMのWDC-867U3SBKに変更してみようとしてみました。
ところが・・・値段にかまけてやっすいのを買ったのがいけなかったのか。Windows10への対応が微妙なのか。
すっげぇブチブチ切れます。
ドライバ入れ直し、暗号化キー登録しなおし、USBポート変更、などなど試してみましたが、一向に直る気配なし。IP直接での無線ルータ接続すらままならない状況なので、原因はこの無線LANアダプタで間違いない。
しかも、色々やっているうちに元のBuffaloの無線LANアダプタも認識しなくなるし・・・もう、時間のない日々にこういうのは超邪魔くさい。


結局どうしたかというと・・・昔面白そうなので買った、ELECOMの無線中継器WRC-733FEBKがあったので、そいつで5Ghz接続して、有線LAN接続するようにしたという。
まぁ、自宅のもんだし、つながればいいか、的な。


ちなみに、自宅PCの音をBluetoothで出そうをしたのですが、Wifiが2.4Ghzだとすごい顕著に干渉するんですね。
今更体感した今日この頃でした。

水をさして申し訳ないのですが・・・

名古屋テレビ塔のライティング企画か何か分かりませんが・・・テレビ塔のスカイバルコニーで、何やらレーザー的なものをグルグル四方八方に向けて照射していますね?
今住んでいるマンション階がある程度の高さのせいか、数十秒ごとにまぶしいんですけど。


テレビ塔からある程度の距離ある我が家でそのレベルなのに、もっと近いマンションの方は・・・灯台に住んでいるような感じになってないんでしょうか?

読んでも書く気にならんかったというのもある

あれからもう6か月。
色んなことがありまして。
読み切れた本はせいぜい2冊とかいう・・・。
まぁ、勉強物の本を読んでいる時間もあるからなのですがね。

一冊はこちら。

雑学の威力 (小学館新書)

雑学の威力 (小学館新書)

雑学の本を読むのは大好きなのですが、非常に物覚えが悪い私。
一体かの方はどのように雑学を手に入れ、うまいこと日常の会話などで引き出しているのだろうか、という興味で買ってみた本。


知識の引き出し方に関しては、「建物内の棚にしまうイメージ」ということで、私のような凡人には到底真似しえない訳ですが、以下のやり方等は面白いと思いました。
・身の回りの名前の知らないもの5つを見つけ、調べてみる。
・土を飼い、大抵何らかの発芽現象が見られるのでその植物を調べてみる。
以上。


もう一冊は、柄にもなく・・・

檸檬 (新潮文庫)

檸檬 (新潮文庫)

とかいう。
元々、趣味的な本と文学的な本を織り交ぜて読もうと謎の努力はしているのですが、そもそも素養のない身で無理に文学作品読むのは・・・非常に飽き飽きしてきたりして。
読もうと意気込んだときは、結構テンション高く読み始めるのですけどね。
まーなんだ。小学26年生が読書感想文書く気もないので、いい加減なコメントだけ。
・たまに出てくる漢字に、「こんな字あんのかよ!日本語の文章で当たり前のように含めて書いてあるけどわかんねぇよ!」というのがあって面白い。大体常用外なんでしょうが。
 その場に仆れてしまった。
 藤紫色をした陰翳を持っていた。そしてその厖大な容積・・・
 静かな懶さばかりが感じられた
 枯れ木をその巓に持っている
 瓦斯体のような若芽
 この谿は暮れてしまおうとしているのである
 犇々と迫ってくる絶望
うーん・・・明治大正昭和に平成ずっとほにゃら〜♪って感じに微妙な時代感を感じますね。



さぁ、今度は科学モノ読もうっと。